当社(ジャングルX株式会社 住所: 〒106-0032 東京都港区六本木 1-4-5 アークヒルズサウスタワー 16階)は、当社が提供するサーヴィス(以下「本サーヴィス」)における、当社と本サーヴィスのお客様(以下「お客様」といいます。)との間の権利義務関係について、以下のとおり利用規約(以下「本規約」)を定めます。

第1条 適用

  1. 本規約は、本サーヴィスの提供条件および本サーヴィスの利用に関するお客様と当社との間の権利義務関係を定めることを目的とし、お客様と当社との間の本サーヴィスの利用に関わる一切の関係に適用されます。お客様は本規約を承諾の上、本サーヴィスを利用することとします。
  2. 本サーヴィス内の各サーヴィスにおいて別途規約(以下、「個別規約」)が定められている場合は、お客様は本規約及び個別規約に基づき本サーヴィスを利用するものとします。本規約の内容と本規約外における本サーヴィスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されます。

第2条 本サーヴィスについて

  1. 本サーヴィスは、当社が付与するエナジーを用いて、お客様が予測・予想(以下「予測」)に参加をすることで、楽しんで頂くサーヴィスです。
  2. 当社は必要に応じて本サーヴィスに新しいサーヴィスを追加・変更することがあり、お客様はこれらをあらかじめ承諾した上で本サーヴィスを利用するものとします。
  3. お客様は、利用方法や利用環境等、当社の定める条件に応じて、当社の定める範囲内で、本サーヴィスを利用するものとします。

第3条 エナジー

  1. エナジーとは、本サーヴィスに参加するために必要となる当社からのスコア、及びアスリート支援を行うにあたって必要となる参考要素を意味します。
  2. お客様は予測に参加する際にエナジーを使用します。予測に正解することでエナジーを増やすことができますが、不正解の場合には減少します。また、エナジーには有効期限が設定されています。
  3. エナジーは購入できず、当社所定の方法により無償で付与されます。当社が指定するサーヴィス以外の現金、財物その他の経済上の利益との交換も行えません。
  4. お客様は予測に正解すること等で獲得したエナジーについて、各試合終了後にアスリート支援に用いるかを選択することができ、選択したエナジー量が、当社がアスリートを支援する際に考慮される一要素となります。支援に用いられたエナジー量はブロックチェーン上に記録されます。

第4条 アスリートへの支援

  1. 当社は、各アスリートの支援に用いられたエナジー量を踏まえた上で、当社が独自に定める方法によってアスリートへの協賛・支援金を設定するものとします。なお、各アスリートへの協賛・支援金の算定方法は当社が自由に定め、かつ当社が自由に変更できるものとします。
  2. 当社は、協賛・支援金をアスリート個人等と合意した方法・期日で協賛・支援します。ただし、本規約若しくは個別規約に違反した場合その他当社が不適当・不正利用の疑いがあると判断した場合には、当社はアスリートに対して協賛・支援を行わず、アスリートのエナジーもすべて没収されるものとします。

第5条 登録の申込

  1. 本サーヴィスの登録を希望する者(以下「登録希望者」)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「登録事項」)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サーヴィスの利用の登録を申請することができます。
  2. 当社が本規約及び自らの裁量により、登録申請者が以下の各号のいずれかの事由に該当するものと判断した場合には、登録および再登録を拒否することがあります。当社はいかなる場合にも登録または再登録を応諾もしくは拒絶する義務を負うことはなく、またその諾否の理由について開示する義務を負うこともないものとします。

    a. 実在が疑わしい者による登録申請である場合
    b. 当社に提供した登録事項の全部または一部につき虚偽、誤記、記載漏れがあるまたは最新の情報に更新されていない場合
    c. 未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであって、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていない場合
    d. 登録希望者が過去当社との契約に違反したことがあり、またはその関係者である場合
    e. 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味する)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合
    f. 第12条(登録抹消等)に定める措置を受けたことがある場合
    g. すでにお客様登録がなされている場合
    h. その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

第6条 登録事項の変更

お客様は、登録事項に変更があった場合、当社の定める方法により変更内容を遅滞なく当社に通知しなければなりません。登録事項の届け出がないことによってお客様に生じた損害その他の不利益(経済的なものであるかどうかを問いません。)について、当社は一切責任を負いません。

第7条 認証情報の管理

  1. お客様は、本サーヴィスを利用するために、外部サービスの認証システムを使用するものとします。
  2. 外部サービスの認証システムにおいて使用された利用者ID、パスワード及びその他の情報(以下「認証情報」)の管理責任は、全てお客様本人が負うものとします。
  3. お客様は、認証情報を第三者に利用させ、または、貸与、譲渡、売買、質入等をすることはできないものとします。
  4. 認証情報の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任はお客様が負うものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. お客様は、認証情報を第三者に知られた場合、通信端末を第三者に使用されるおそれのある場合には、直ちに当社にその旨連絡するとともに、当社の指示がある場合にはこれに従うものとします。

第8条 個人情報の利用

当社は、当社所定のプライヴァシーポリシーに基づき個人情報を第三者に提供できるものとします。

第9条 本サーヴィスの利用方法

  1. 当社のウェブサイト内で、当社のサーヴィスオプションについての説明を記載しております。一定のサーヴィスは無料でお客様に提供されます(以下「無料サーヴィス」)。 他のオプションは、アクセス前に支払が必要です(以下「有料サーヴィス」)。当社は、本規約に従い、当社が提供する有料サーヴィスプランをいつでも修正、終了またはその他の方法で変更する権利を保持します。
  2. 当社は、有料サーヴィスのトライアル(以下「トライアル」)を無料かまたは割引料金で特定の期間提供する場合があります。当社は、適用される法律において許容される範囲で、お客様のトライアルご利用資格を判定し、事前の通知なくまた法的責任を負うことなくトライアルを随時撤回しまたは変更する場合があります。
  3. 当社は、トライアルをスタートするに当たり、支払方法の詳細の提供をお客様に求める場合があります。当該支払方法の詳細を提供することによって、お客様は、当社が当該トライアル終了日の翌日から、毎月継続的に、または当社がお客様に事前に開示する期間ごとに、該当の有料サーヴィスのために自動的にお客様に課金を始めることができることに同意します。お客様がこの課金を希望しない場合、当該トライアル終了の前に当該有料サーヴィスを解約しなければなりません。
  4. お客様は、毎月もしくはその他の購入前に開示された反復期間ごとのサーヴィス利用料の前払により有料サーヴィスを購入することができます。
  5. 当社は、有料サーヴィスの価格をいつでも変更することができ、各価格変更および、場合により、当該変更の受諾方法を事前にお客様に通知します。価格変更は、価格変更日後の次の有料サーヴィス期間の開始時に発効します。適用法に従い、お客様は、価格変更の発効後も本サーヴィスを引き続き利用することによって新価格に同意するものとします。お客様が価格変更に同意しない場合、お客様は、価格変更の発効より前に有料サーヴィスを中止することによって、変更を拒否する権利があります。
  6. お客様が有料サーヴィスに登録する場合、お客様は、次の条件に従い、理由の有無にかかわらず、お客様が該当サーヴィスに登録した日から起算して 14 日(以下「クーリングオフ期間」)以内に購入を取り消し、支払った金額の全額払戻しを受けることができます。
  7. お客様がトライアルにサインアップする場合、お客様は、お客様が受け取る有料サーヴィスのクーリングオフ期間が、お客様がトライアルを開始してから 14 日後に終了することに同意します。お客様がトライアル終了前に有料サーヴィスを解約しない場合、お客様は、取り消しを行う権利を喪失し、お客様が有料サーヴィスを解約するまで毎月、合意済みの価格を自動的にお客様に課金することを認めたこととなります。
  8. お客様の当社への支払は、お客様が現在の有料サーヴィス期間の終了前に有料サーヴィスを解約した場合を除き、当該有料サーヴィス期間の終了時に自動的に更新されます。解約は、現在の有料サーヴィス期間の最終日の翌日に発効するものとし、お客様は無料サーヴィスにダウングレードされます。お客様が本サーヴィスを通して有料サーヴィスを購入し、お客様が支払または有料サーヴィスの解約および/または本契約の終了を行った場合であって、(1)クーリングオフ期間が終了した後であるとき(該当する場合)または(2)現在の有料サーヴィス期間の終了前であるときには、当社は、当社にすでに支払われた有料サーヴィス利用料を返金しません。お客様がクーリングオフ期間終了前に支払済金額の全額払戻しを希望する場合には、お客様は、カスタマーサポートに連絡する必要があります。当社が返金を処理する場合、当社は、お客様が支払に使用した方法を使用して返金を行います。

第10条 当社コンテンツ等

  1. 本サーヴィスおよび本サーヴィスを提供するウェブサイト、アプリ等に関する知的財産権は全て当社または当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に基づく本サーヴィスの利用許諾は、本サーヴィスまたは本サーヴィスを提供するウェブサイト、アプリ等に関する当社または当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。
  2. 本サーヴィスに掲載している情報の無断収集・利用・販売・再販・営業を禁止します。

第11条 禁止事項

お客様は、本サーヴィスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当社が判断する行為を行ってはなりません。

  1. 法令に違反する行為、犯罪行為に関連する行為、または公序良俗に反する行為
  2. 本規約に違反する行為
  3. 当社、本サーヴィスのお客様その他の第三者に対する詐欺もしくは脅迫行為またはその他の不利益、損害、不快感を与える行為
  4. 当社、本サーヴィスのお客様その他の第三者の知的財産権、肖像権、プライヴァシー権その他の権利または利益を侵害する行為
  5. 当社が提供するアプリケーション、当社が保有するサーヴァーおよびこれらが生成する情報、通信内容等の解読、解析、逆コンパイル、逆アセンブルまたはリヴァースエンジニアリング
  6. 他のお客様の情報を違法、不適切に収集、開示その他利用する行為
  7. 他のお客様の IDまたはパスワードを入手しようとする行為
  8. その他当社が不適当と判断する行為

第12条 登録抹消等

  1. 当社は、お客様が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知または催告することなく、当社または本サーヴィスの他のお客様に送信したデータを削除しもしくは当該お客様について本サーヴィスの利用を一時的に停止し、またはお客様としての登録を抹消することができます。

    a. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    b. 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
    c. 支払停止もしくは支払不能となり、または破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始もしくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
    d. 当社が登録メールアドレスによる連絡が取れないと判断した場合
    e. 本サーヴィスに関する料金の支払いなどの遅延その他の不履行があった場合
    f. その他、当社が本サーヴィスの利用またはお客様としての登録の継続を適当でないと判断した場合
  2. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、お客様は、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。
  3. 当社は、本条に基づき当社が行った行為によりお客様に生じた損害について責任を負いません。

第13条 退会

  1. お客様は、当社所定の方法で当社に通知することにより、本サーヴィスから退会し、自己のお客様としての登録を抹消することができます。
  2. お客様は、退会時に本規約に別途定めるものを除き、本サーヴィス利用に関する一切の権利、特典(エナジーの保有を含む)を失うものとします。
  3. 当社は、お客様の退会にあたり、当社に対して支払った金銭を返還いたしません。

第14条 免責

  1. 当社は、本サーヴィスの内容ならびにお客様が本サーヴィスを通じて入手した情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等につき、何ら保証するものではなく、本サーヴィスに中断、中止その他の障害が生じないことについても何ら保証しません。
  2. お客様は自らの責任に基づいて本サーヴィスを利用するものとし、当社は本サーヴィスにおける他のお客様の行為について責任を負いません。
  3. 当社は、本サーヴィスに起因してお客様に生じた損害について、当社に故意または重過失がある場合に限り、そのお客様が直接被った損害を上限として損害賠償責任を負うものとします。
  4. お客様は、本サーヴィスに関して、お客様同士もしくはその他の第三者との間で発生した一切のトラブルについて、自らの責任で解決するものとし、当社はこれを関知しません。
  5. 当社は、お客様が使用する通信端末、回線、ソフトウェア等の環境等またはコンピュータウイルス感染等に起因して生じた損害について、責任を負わないものとします。なお、当社は別途定める方法により、お客様に対して、当該環境等について告知をすることがあります。

第15条 本サーヴィスの停止等

  1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、お客様にあらかじめ通知することなく、本サーヴィスの全部または一部を停止または中断することができるものとします。

    a. 本サーヴィスに係るコンピュータ・システムの点検または保守作業を定期的または緊急に行う場合
    b. 通信回線、通信手段、コンピュータ等が障害により停止した場合
    c. 火災、停電、天災地変、戦争、テロ行為等の不可抗力により本サーヴィスの運営ができなくなった場合
    d. ハッキングその他の方法により当社の資産が盗難された場合
    e. 本サーヴィスの提供に必要なシステムの異常が生じた場合
    f. アカウントの不正利用等の調査を行う場合
    g. 捜査機関等から本サーヴィスの利用が詐欺等の犯罪行為に利用された旨の情報の提供があることやその他の事情を勘案して犯罪行為が行われた疑いがある場合
    h. その他、当社が停止を必要と判断した場合
  2. 当社は、当社の都合により、本サーヴィスの提供を終了することができます。この場合、当社はお客様に事前に通知するものとします。
  3. 当社は、本条に基づき当社が行った措置によりお客様に生じた損害について責任を負いません。

第16条 本サーヴィス内容の変更、廃止

  1. 当社は、当社の都合によりいつでも本サーヴィスの内容を変更し、または廃止することができます。当社が本サーヴィスを廃止する場合、当社はお客様に事前に通知いたします。
  2. 当社は、本条に基づき当社が行った措置に起因しまたは関連してお客様に生じた損害について責任を負いません。

第17条 通知

当社からの通知は、当社に登録されたメールアドレスにメールを送信することまたは当社が提供するアプリケーションの機能を用いた通知方法をもって行い、メールまたはアプリケーションによる通知が通常到達すべきときに到達したものとします。

第18条 本規約の変更

  1. 当社は、1ヶ月より先の効力発生日を定めて変更後の本規約をお客様に通知し、または当社の管理するウェブサイトの分かりやすい場所に変更後の本規約を掲載することにより、効力発生日をもって本規約を変更することができるものとします。本規約の変更に同意しないお客様は、効力発生日までに本サーヴィスの退会手続をとっていただきますようお願いいたします。
  2. 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づきお客様に生じた損害について一切の責任を負いません。

第19条 反社会的勢力の排除

  1. お客様は、当社に対し、自身及びお客様の役職員が暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを総称して「暴力団員等」といいます。)に該当する者、または、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
  2. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
  3. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
  4. 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
  5. 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
  6. 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  7. お客様は、自らであるか第三者を介してであるかをとわず、次の各号に該当する行為を行わないことを確約します。
  8. 暴力的な要求行為
  9. 法的な責任を超えた不当な要求行為
  10. 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
  11. 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて当社の信用を毀損し、または当社の業務を妨害する行為
  12. その他前各号に準ずる行為

第20条 地位の譲渡等

  1. お客様は、当社の書面による事前の承諾なく、本規約および本規約上のお客様の地位または権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
  2. 当社は、本サーヴィスに係る事業を他社に譲渡または承継した場合には、当該譲渡または承継に伴い本規約および本規約上のお客様の地位、権利および義務ならびにお客様の登録情報その他の顧客情報等の一部または全部を承継人に引渡すことができるものとし、お客様は、これを予め承諾します。なお、本項に定める事業の譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第21条 準拠法及び合意管轄

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関して発生する紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

2019年05月01日制定

回答が見つかりましたか?